水虫の脚

ケトコナゾールクリームはニキビにも効きます

ケトコナゾールクリームは、イミダール系の抗菌剤のケトコナゾ-ルが有効成分の薬です。
ニゾラールクリームのジェネリックで販売されているため、皮膚科で処方される場合にはニゾラールのほうが多いようです。
薬局で市販されている薬ではありませんので、皮膚科を受診して処方してもらうしかありません。
ほとんどにおいがない白いクリーム状の軟膏なので、使いやすいクリームです。

真菌の細胞膜合成を阻害することで、抗真菌作用があります。
一般的には水虫や皮膚カンジダのような皮膚真菌症の治療に使われていますが、ニキビにも効果がある薬です。
ケトコナゾールクリームの効果のひとつに脂漏性皮膚炎があります。
脂漏性皮膚炎は皮脂が多い部分に起こりやすい皮膚炎でおでこの生え際などにできやすい湿疹です。
このような種類のニキビに効果的とされています。

ただし皮膚科に行っても最初から処方されるということはあまりなく、ニキビ治療をしてもなかなか改善しない場合に、真菌の可能性があるため他の薬と一緒に処方される薬です。
ニキビに効くといっても通常のニキビの原因菌はアクネ菌ですので、最初は一般的な薬を処方されます。

効果が高く塗布した時の刺激のような副作用が比較的少ないため、痛みのある皮膚トラブルにも使いやすい薬です。
それ以外の副作用も少ないのですが、元々敏感肌の人など痒みや炎症が起こる時もあります。

使用する場合には決められた使用回数を守って正しく使うことが大切です。
使用回数が多すぎると皮膚炎の原因にもなってしまいます。
塗る時にはしっかりとすり込んで、角質層に浸透させるようにします。
見た目に改善したように見えても、菌を完全に死滅させないことにはまた症状が悪化してしまいます。
ですから自己判断で使用を中断するのではなく、一定期間の継続が必要なのです。
通販でも入手することはできますが、自分での見極めや難しいですのでまずは皮膚科を受診することが大切なのです。

ケトコナゾールクリームがニキビ治療に効く理由とは

顔にできるようなごく一般的なニキビはアクネ菌が原因で起こります。
ですがおでこにできるぶつぶつとした湿疹、背中に広がるぶつぶつの原因になっているのはマラセチア菌というカビの一種です。
原因菌が異なれば治療方法が異なりますので、背中やおでこにニキビが出来たとしてもアクネ菌に対するニキビ治療を行っているだけでは効果が得られないのです。

つまりアクネ菌が原因でニキビが出来ているのなら、一般的な市販のニキビ薬やニキビ用化粧品でも効果がありますが、マラセチアが原因の場合には殺菌できないため効果がありません。
ニキビだと思っている症状が実はニキビではなく脂漏性湿疹という場合には、いつまで経っても改善しません。

ですからニキビ治療では原因菌が一体何なのか見極めることが必要です。
この見極めが難しいため、治療が進まない場合などに皮膚科で処方されることがあるのです。

真菌というのは健康な肌にもいますが、繁殖してニキビにならないのはバリア機能が正常に働いているからなのです。
つまり真菌が原因でニキビになってしまうというのは、バリア機能が低下して繁殖するからです。
生活習慣以外にニキビそのものも原因になることがあります。
最初はアクネ菌が原因でできた人も、それを適切に治療せずにほっておくと皮脂などをエサとしてマラセチアが繁殖してしまう時があります。
するとアクネ菌については一般的なニキビ薬が効きますが、マラセチア菌については別の治療が必要になってしまいます。

ニキビ治療では他の薬と一緒に処方されることが多いです。
そこでケトコナゾールクリームを処方することでニキビだと思われている脂漏性湿疹も含めて殺菌して症状を改善することができるのです。