水虫の脚

ニゾラールクリームは水虫治療に最適です

きれいな脚と花

つらいかゆみが出たり、水疱や皮むけ、乾燥などの症状がある水虫は、足にできるというイメージがありますが、足以外にも頭部や陰部、体などにも起こります。
一般的には足にできることが有名な水虫ですが、体のいろいろな場所に感染して症状が出るので厄介です。
水虫治療によく使われているのがニゾラールクリームです。
真菌症は、カビの一種が原因で起こる皮膚病の総称で、日本人の5人に1人がなっていると言われている水虫や、皮膚や膣、頭皮などに症状が出るカンジダも同じ種類の真菌が原因で起こります。

真菌症の中で一般的に水虫と言われているのが白癬菌です。
白癬菌は足を初めてや頭皮、体など他の部分にも感染し、白癬菌というカビの一種である真菌が原因なのでニゾラールクリームで治療をすることができます。
ニゾラールクリームは、真菌の増殖を抑える働きがある薬で、継続して塗ることで水虫を退治することができます。
スプレーや液体、シャンプーなど色々なタイプがありますが、使いやすくて副作用が少ないクリームタイプが良く使われています。

ニゾラールクリームは、水虫の原因菌である白癬菌の増殖を抑制する働きがあり、患部に塗りやすいクリームタイプなので、水虫治療に最適です。
足の股や付け根、爪など細かな部分にも塗りやすく、体などの広い部分にも塗りやすいため、体のさまざまな部分の治療に使用されています。
毎日塗るだけの簡単な使用方法で効果を発揮し、継続して塗ることで水虫の増殖を抑えてなおしていくことが可能です。

病院を受診して、医師に診察をしてもらい、ニゾラールクリームの処方を受けて薬局で購入することができる薬ですが、通販で購入することもできます。
通販なら、通院の必要が無く、お得に購入することができます。
水虫が再発した場合や水虫の再発に備えた常備薬にする場合には、症状や部位から水虫と分かることが多いので、通販でニゾラールクリームを購入することがおすすめです。

ニゾラールクリームの水虫治療効果について

かゆみや赤み、皮むけなどの症状が出る水虫治療に効果的なニゾラールクリームは、ケトコナゾールが主成分の塗り薬です。
ケトコナゾールには、真菌が増殖するときに必要な物質の合成を阻害する効果があります。
真菌の細胞は細胞膜で覆われており、細胞膜を作ることができなければ真菌は増殖をすることができません。
ケトコナゾールは、真菌の細胞膜に必要な物質の合成を阻害することができるため、真菌の増殖を防ぐ効果があります。

ニゾラールクリームには、真菌の細胞膜を作ることができないようにすることができる成分が配合されているため、白癬菌の増殖を抑えて水虫を治療することができるというわけです。
お風呂上りなど、皮膚が柔らかくなっている状態の時に塗ることで、皮膚への浸透が良くなり、効果的に有効成分を白癬菌に届けることができます。
水虫の症状が出ている部分よりも少し広めにニゾラールクリームを塗り広げます。
毎日2週間ほど継続すると効果を実感できるようになりますが、白癬菌の増殖が抑えられただけで、完全には良くなっていないので、そのまま1カ月から3カ月は継続することが大切です。

ニゾラールクリームを塗って、症状が良くなると油断をして塗るのを止めてしまったり、忘れてしまったりすることがありますが、皮膚の奥深くに白癬菌が残っていると再び増殖して、水虫の症状が出てきます。
症状がおさまってきても油断せずに、毎日正しい使用方法で塗り続けることが水虫治療をするためのポイントです。
ニゾラールクリームの副作用として、赤みやかゆみなど皮膚炎の症状が出ることがありますが、症状が重くなる事はほとんどありません。
ニゾラールクリームは、他のニゾラールと比べて副作用が少ないために良く使われる薬ですが、皮膚炎の症状が出た時には使用を中止して医師にみてもらいましょう。

人気記事一覧