水虫の脚

水虫の感染経路は知っておこう

水虫の足の指

水虫は高温多湿な場所を好むことはよく知られています。
最近は靴下や靴を履いたまま一日中過ごす人が多く、また女性であればストッキングやタイツなどを長時間着用し続けることもあるため水虫が繁殖しやすい状況が増えています。
足の裏は体の中でも一番汗をかきやすい場所ですので夏場は靴が蒸れて高温多湿になります。
さらに汗によって水虫が好むアルカリ性の皮膚環境が生み出されてしまいます。
アルカリ性の皮膚の状態は汗だけではなく汚れが残っている場合にも引き起こされます。

一度感染してしまうとなかなか完全治癒に根気が必要な水虫ですが、では一体どのようにして感染してしまうのでしょう。
感染経路は主に「人から人へ」になります。
家族や友人で水虫の人がいると感染しやすくなります。
水虫はカビの菌が皮膚や爪の表面に入り込んで増殖した結果現れるものですが、これにより表面の皮膚や爪がぐずぐずにふやけたりカサカサに乾燥したりして剥がれ落ちます。
この剥がれ落ちた中でも菌は生きているため、これを裸足で踏んだり爪に入り込ませたりするとその菌が付着します。
剥がれた患部はすべて目で確認できる大きさというわけではなく垢のように細かい場合もあるので、水虫の人の患部が接触した場所に直接触れると水虫になる可能性が高くなります。
床や足拭きマット、共用スリッパなどを使うときは一緒に使っている人が水虫になっていないかしっかりと確認する必要があるようです。

爪水虫や角質増殖型の水虫は初期のころは特に一見しただけでは水虫だと気付きにくいので注意してください。
爪水虫であれば爪切りの共用も避けたほうがいいです。
不特定多数の人が利用する入浴施設やシャワールームを使用する機会が多い人も気をつけなければなりません。
その他に「ペットから人へ」という感染経路も存在します。
犬や猫は体内に水虫の原因となるカビの菌をもっていることがあり、これが人に感染することもあるのです。

水虫の感染経路を完全にシャットアウトする方法

家庭に水虫に感染している人がいる場合、まず共用スリッパや共用足拭きマットを使わないようにしましょう。
患部に接触する可能性のあるもの、例えば爪切りなども別のものを利用するようにします。
床は垢が落ちる可能性もあるため、素足で歩かないように意識的に靴下とスリッパを履くようにするといいです。

お風呂の床や湯などは分けることが難しいと思われるので、できるだけ足や爪をよく洗うように心がけます。
また、いつもより頻繁に部屋の掃除をしておくことも有効であると思われます。
それでもやはり同居していると感染経路を完全にシャットアウトするのは難しいので、まずはその人にできるだけ早く治療を受けさせることが重要です。
水虫の菌は付いたらすぐに感染してしまうというものではないため、出来る限り高温多湿でアルカリ性の環境をつくらないようにするのも大切です。
風通しのよい状態を保ち汗をかいたらすぐに拭き取る・汚れたら早めに清潔にするなどの対策を講じると良いです。

スポーツクラブや銭湯・部活のシャワールームなど、たくさんの人が素足で利用するスペースが存在する施設をよく使うのであればまた別の対策が必要になってきます。
その共用施設で使用する備品を分けることは困難なため、帰宅後すぐに足を清潔にする習慣をつけるなどの手立てを考えましょう。
可能であればその施設で使うスリッパなどは、自分のものを持ち込むことも検討してみるといいかもしれません。
ペットからの感染経路を断つ手段としては、手洗いと掃除があります。
ペットと触れ合ったあとはすぐに手を清潔にし、ペットの垢や毛が散っている状況を防ぎましょう。
ペット自体を綺麗にしてあげるのもいいです。
菌が繁殖しないよう、定期的に洗ってあげるのは効果的です。

人気記事一覧